未知・発見のブログ

未知・発見をキーワードにしたブログです。といっても、怪しい内容ではなくソース元がきちんとしているニュースを中心にお伝えします。

リンクサイト ナイス・カーがお届けする情報です。 Copyright(C) all rights reserved.

Ima2018

大分合同新聞 2019/06/06 03:01

「日本一の石橋群」で知られる宇佐市院内町。町内には江戸時代の終わりから昭和の初めに架橋した75基の石橋があり、生活用道路の一部として利用された。近年、地下水路から見つかったり、市民が独自に造ったりと、令和になった今も、町民にとって身近な存在であり続けている。

 2年前、市民から同町小野川内で「市道の下の地下水路にあるのは石橋ではないか」と、「院内石橋群景観保全協議会」に情報が寄せられた。事務局の市職員らと捜索し、同年にアーチ橋が見つかった。保存状態もよく、建設から100年以上がたっていた。
 市都市計画課などによると、農道にある石橋は、長年使われないと雑草が繁茂して見えなくなることが多い。地下水路から見つかるケースは珍しいという。
 石橋は「兎(おせ)谷(だに)渡橋」。幅は1・87メートル。1903(明治36)年に架設されたアーチ橋。道路の拡幅工事で、撤去される石橋が多い中、石橋を残そうと地下に埋設したらしい。

以上引用

いろいろな発見ありますね。
昔は普段使いされていたものがいつしか忘れ去られ、また何かのときに脚光を浴びる。
個人的には、ものすごく面白いです。
まだ、いろいろありそうです。

Ima2016

朝日新聞デジタル 2019年6月3日19時27分

3万年前のライオン、氷漬けで発見 シベリアの永久凍土

シベリアの永久凍土から、氷河期に生息していたホラアナライオンの赤ちゃんとオオカミの頭部が氷漬けの状態で見つかったと、ロシアと日本の共同研究チームが3日発表した。いずれも約3万年前の個体で、表情が分かるほど「奇跡的に良好」な保存状態だという。

 発表によると、ホラアナライオンの赤ちゃんは昨年7月、シベリア北東部の川の近くで見つかった。体長約40センチ、体重800グラムほどで、生まれて間もないとみられる。オオカミは2~4歳で牙や顔の毛が残っていた。いずれも寒い地域に適応して生きていたらしい。

2体をCTで調べた東京慈恵会医科大の鈴木直樹客員教授は「筋肉や内臓、脳などが良好に保存されている。いまのライオンやオオカミと比べることで、当時の運動能力や生態を明らかにしたい」と話した。今後、DNAも調べる。

以上引用

映画ジュラシックパークさながらのニュースです。

機構温暖化の影響もあって本来であれば、発見されることもなかったケースかも知れません。

良かったのか悪かったのか釈然としません。

今回のケースは発見に至ったので良かったと思いますが・・・・。

まだ今回のように埋もれている動物もいると思います。

見つかって研究が進むといいと思います。

ただ、地球温暖化はねぇ。

Ima2015

livedoor NEWS 2019年6月1日 11時0分

がん検診の在り方を抜本的に変えるかもしれない画期的な技術が最近、開発された。それはリキッドバイオプシーだ。

リキッドバイオプシーとは、血液や脳脊髄液、あるいは胸水や腹水などの「リキッド(液体)」のサンプルを用いて、がんの診断や治療効果の判定を行うことだ。ゲノム解析を行うことも可能だ。ゲノム情報がわかれば、がんの遺伝子情報に基づく個別化医療が可能になる。

従来、がん細胞を採取しようとすれば、白血病など一部の悪性腫瘍を除き、手術や生検などの侵襲的な処置が必要だった。患者の全身状態が悪ければ、手術や生検は難しい。

ところが、リキッドバイオプシーで求められるのは基本的に採血だけだ。従来の方法と比べて、はるかに低い侵襲で大きなデータを入手できる。血液検査であれば、どこでもできる。この検査が普及すれば、へき地に住む患者でも、地元のクリニックで検査を受けることができる。

一方で、リキッドバイオプシーを実施するためには高度な技術が必要だ。血液中を循環する腫瘍細胞および腫瘍細胞由来のDNAなどの物質は、ごくわずかだからだ。腫瘍細胞の場合、通常1mℓの血液中に10細胞以下だ。従来の技術では検出できなかった。これを可能にしたのが、近年のゲノムシークエンス技術の進歩だ。

現在の技術では、数コピーのDNAでも検出可能だ。10mℓの採血をすると9000コピー程度のDNAを採取できる。この中に0.01~0.1%程度のがん由来のDNAがあれば、それを検出できる。

リキッドバイオプシーは、やがてわが国にも入ってくるだろう。わが国のがん患者に大きな貢献をするはずだ。

ところが、私はこの点について不安がある。リキッドバイオプシーの普及はがん検診業界のパワーバランスを変えるからだ。この領域で生活してきた多くの人が「失業」あるいは「変化」を強いられる。必死に抵抗するだろう。

以上引用

がん検診にも新しい技術の波が来ているようです。

ただ、これから日本に入ってい来るだろうこの技術。

抵抗勢力は、既存の検診事業の人達だとか。

厄介な話です。

一般の業界であれば技術革新で仕事そのものが衰退するのは常ですが、人の命にかかわる業界は一般の業界とは違います。

上記の記事でも書いている通り文字通り死活問題ですが、ソフトランディングしてもらって多くの人の命が救われるようにならないと。

まだまだ課題も多そうです。

↑このページのトップヘ